Browse Month

3月 2018

体を冷えから守るためにどのような対策をとったらいいのでしょうか

女性で冷え性という人は少なくないでしょう。特に、最近は、若い女性でも露出した洋服が増えていますし、体にフィットした洋服や締め付けの多い服装をすることが多いです。

そのために循環が悪くなって冷え性になりがちです。またどこに行っても夏はエアコンがきいているので、暑い時期なのに冷え性という人は少なくないのです。そんな女性を体を冷えから守るためにどのような対策をとったらいいのでしょうか。

スタイルは大事だけれど、締め付けない服装を、露出し過ぎない

身体を冷えから守るためには、やはりその時期に合った服装をするということが大切です。

見た目のファッション性だけにとらわれてはいけません。冬はやはり体を保温する服がいいですね。

とはいってもやはりファッション性も気になります。

そんな時には、積極的にヒートテックの素材やタイツなどを活用して体を守ることが大切です。

女性の冷えは内臓の冷えにつながり、それが続くと、今度は身体の不調をきたすことにつながってしまうので、注意が必要です。

夏場のエアコンにも注意をする

夏は本来暑い物ですよね。それが最近はどこに行ってもエアコンがきいているので、夏ということを感じられないこともあるのです。

外に出れば暑い、中に入れば寒いという環境は身体の冷えにつながります。そのために夏のエアコン対策が必要なのですね。

例えば、すぐに使用できるようにカーディガンなどすぐに羽織れるものを持っておく、エアコンの風気候の近くにはいないようにするということも大切です。

夏は本来代謝がよくなって汗もかきやすいですし、ダイエットにも最適な時期なのですが、エアコンによって冷えがあると代謝も悪くなります。

代謝が悪くなると体にむくみを感じたり、疲労感が持続することもあり、体の不調を感じることもあるでしょう。

そのために夏場のエアコン対策をしっかりして冷えを予防することが大切なのです。