更年期と耳鳴りになった!治療法とおすすめの対策について

耳鳴りの原因は、年齢が50歳くらいの人なら更年期障害であることも十分ありえます。

格段、女性に多い症状ですが、更年期と呼ばれる閉経の前後、女性ホルモンの低減してくる時期に何らかの症状が体に現れてきます。

更年期が原因の耳鳴りの場合、2割程度の人が治療を必要とするほどに不快な症状が出る場合があります。

これを更年期障害といいます。

耳鳴りもその症状の一つとして挙げられます。

他にはめまいやのぼせ、動悸、多汗、欝っぽい、といった症状です。

ただし、更年期が過ぎれば更年期障害も解消されます。

更年期障害による耳鳴りの治療方法

耳鳴りは自律神経の乱れによって発症するので、過労やストレスが原因であることが多いです。

軽い症状ならば一定期間、安静に過ごすことで解消します。

ずっと完治しない場合は、耳鼻科の受診をおススメします。

耳鼻科では、内耳疾患によるものかどうかの診察を行います。

異常が見当たらない場合は自律神経失調症や更年期障害の疑いがあるので、婦人科の受診を勧められることがあります。

更年期障害の症状の一つであるめまいは耳鳴りを伴うものもあります。

この症状は、自律神経やホルモンバランスの乱れが主な原因で、耳鳴り自体には深刻な問題はありませんので格段、心配する必要はありません。

ただし、耳鳴りが続くことでさらにストレスが増えてしまう場合は、何らかの治療を行う方が精神的に安定できると言えるでしょう。

一般的に更年期障害の治療にはホルモン補充療法が効果的です。

しかし、ホルモン補充療法はめまいや耳鳴りをさらに悪化させてしまう可能性があることが難点となっているのです。

更年期障害の治療を希望の場合でも、めまいや耳鳴りの症状が起きている人は医師に相談するようにしましょう。

漢方薬によって更年期障害が改善されれば、それに伴う耳鳴りも自然に治まります。

更年期とそれ以降の気になる症状「めまい・耳鳴り(突発性難聴)」について

症状について

耳鳴りの症状は、静かなときに耳の中でキーンとかジーンなどの音が聞こえるように感じます。

めまいに悩む人の中には、同時に耳鳴りを訴える人が多いです。

これは、平衡感覚と聴覚を司る器官が非常に近い場所にあるためで、互いに影響を与え合うためです。

また、更年期を迎え、エストロゲンが減少してくると、血圧や内耳の血管に影響を及ぼすため、耳鳴りのリスクが増加すると言われています。

さらに、更年期の時期に起こりやすい睡眠障害や抑うつ、不安などの心理的な症状が耳鳴りを悪化させる原因だと言われています。

簡単セルフケア

更年期女性イソフラボンサプリメント飲用アグリコン型イソフラボンには、血流を解消する作用もあるので、サプリメントを上手に利用するのも一つです。

更年期女性 バランスの良い食事を加えて、血の巡りを良くし、神経の安定を保つ作用のあるビタミンB12を一緒に摂るとよりサポートになるでしょう。

ちなみに、ビタミンB12は、アサリ、シジミ、サンマ、レバー、豚肉などに多く含有されています。

更年期のサプリなんかを活用するのもいいでしょう。

>>更年期サプリでつらい症状を改善!徹底比較サイト

めまいが起きたら、イスに腰掛けるか、あるいは横になり治るのを待ちます。

症状が出やすい間は、徐々に立ち上がるようにし、体を性急に動かさないことなどに気を配りましょう。

めまい・耳鳴りにいいツボ

更年期めまい・耳鳴りに効くツボは、頭きょう陰、または頭竅陰です。

場所は、耳の後ろの骨のふくらみにあるくぼみの部位です。

更年期めまい・耳鳴りに効くツボは、耳門です。

場所は、口を開けたときにへこむところから指1本分下の部位です。